Thu, 02 Sep 2010

コガネムシ発生

状況
みやこスタンダード、ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ、アンヌ マリー ド モントラベルの3鉢の土が黒土のようにべったりしていると思ったら、コガネムシの幼虫に土や根が食われていました。

みやこスタンダードは、細根も太根も全くないような状態で、下の方にかろうじて根が残っていてるという具合でした。6上旬から葉がどんどん枯れ、おかしいなとは思っていました。こんなになるまで気づかないなんて、本当に間抜けです。9割の土替え。
ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコは、やはり最近、黒土状になっているなと思っていましたが、ほとんど落葉していないので見過ごしていました。4割ほどの土替え。
アンヌ マリー ド モントラベルは、これに水をかけた時に気づきましたが、土が動きました。被害軽微で1割ほどの土替え。

対処
ドロドロになった土を掻き出し、幼虫を探し出し、上に書いたような量で土を替えました。それでも幼虫が残っていることが不安なので、バケツや漬物ダル(10号のスリット鉢に対応できるもの)に水を張って一晩おき、おぼれさせました。
バケツにつける。この方法で対処している方が他に存在するのかどうかは、は不明。




反省
以前は、鉢に巣食うコガネ虫に注意をしていましたが、腐葉土を1年以上置くようにしてからは、その発生をほとんど見ませんでした。よく考えたら、飛んできますから、卵を産むということもあります。昔は、鉢替えも土を全部落とし、おまけに根洗いまでしていましたから、コガネムシの卵も幼虫も卵も越年することは無かったものです。

黒土状になった土。水をかけましたので泥状になっていますが、水の前は黒土フカフカ状態になっていました。
被害のない鉢・赤玉土が粒状になっていますし、雑草も生えたりしています。雑草がなくなった段階で気づくべきでした。

Comments

No comments yet

Add Comment






私の庭・バラ庭づくり