| 1 |
Mon, 08 Aug 2011

明野のひまわり畑・ハイジの村


明野のひまわり畑に行ってきた。「バスは今ひまわり畑を横切って あなたの街絵へ~ 隣からだぶだぶ背広の知らぬ人 声かけるのよ~♪」(JASRAC許諾なし「失恋魔術師」(太田裕美、詞:松本隆 曲:吉田拓郎)などと唄いながら行ってきました。
ひまわり畑→ハイジの村→明野温泉太陽館。
ひまわり畑は、長期間楽しめるように、畑の区画ごとに咲く時期をずらしているようで、メイン会場直下は咲いていませんでしたが、その下の畑は満開でした。台風の余波で曇りの予報でしたが、青空も広がり絶好のひまわり日和でした。

北杜市のハイジの村は、入口に至る通路にバラのスタンダードがずらりと植栽されています。今時は、バラの季節外れですが、夜の気温が低いせいかかなりの花が咲いていました。バラの温室の周りには、後藤みどりさんとこのバラ(コマツガーデン印)が大量に売られていました。

ランチはレストランで、私はマスのポワレクリームソースがけ。家内はパスタを頂きました。簡単素朴というか、サラダ菜、ワカメ、トウモロコシの輪切り、チビトマだけの野菜サラダとスープが食べ放題になっていました。レストランを出てから、バラのソフトクリームを味わいました。バラの香りがするピンクのソフトでした。

市営の施設のせいか、ランチやお土産物もの(バラのグッズも沢山)など、リーズナブルな価格設定のように思います。

Wed, 05 Jan 2011

冬作業2

ポンポンドパリ(ミニツルバラですが4メートル以上伸長しています。)

つるバラの誘引は、ゼッフリンド ルーアン、ノイバラなどを経て12月29日にキモッコウで終わりました。キモッコウはモンスターの名前に恥じない繁茂振りでほとんど3日を費やしました。おろした枝の量も半端じやないです。この枝を50センチほどにカットして山と積み上げていますし、もいだ葉っぱは、ごみ袋に一杯です。

8・9号鉢のものは40鉢程完了させたが、10号鉢が10鉢ほど残っている。作業の終わった鉢は、寄せて置いている。手前のレンガなどは、風よけのつもり。

土替え、以前は根洗いまでしてましたが、昨年は全体の3.5割程度の土を入れ替えるだけにしました。上の土を0.5割ほど落とします。この時雑草の根なども綺麗に取り除きます。下の土は1.5割ほど落とします。周りは昨年は+の形に土を落としましたので、今年は×の位置の土を落としました。1.5割ほど落としています。鉢の北向きの位置はいつも把握しています。土の充填は、棒で突き固めて入れていきますので、カチカチに入れます。鉢に水を入れても直ぐには排出されないよう、詰めに詰めています(京成バラ園芸の鈴木さんに教わりました)。
私の場合、スリット鉢を使っていますが、あまり固く入れすぎるので、8・9号鉢以上になると弱くて、土の圧力で割れることもあります。今年買ってきた鉢が割れると残念ですから、針金で縛りあげてそのまま使っています。駄温鉢などもパチンと音がして、亀裂が走ることがありますが、やり直すのも面倒なので針金巻です。

12月20日、カット前のERのシャリファアスマ。秋の花はひときわ綺麗でした。

しかし、キモッコウに3日、土替を2日やったところで、肩こりがひどく1日~5日はほとんど作業ができませんでした。2日と4日は車で出かけましたが、直進道路は片手運転でした。明日もバラ作業は出来ないと思います。

Sat, 20 Nov 2010

平林寺の紅葉

18日に平林寺に行ってきました。




平林寺は入口から本堂のあるあたりは、日当たりもいいことから、紅葉の真っ盛りでした。今回は、境内の前回立ち寄ったところは省略し、紅葉が綺麗と表示のある外周部分をくまなく見て歩きました。でも、こちらは武蔵野の天然記念物の雑木林が、日差しを邪魔するせいでしょう。紅葉はまだこれからの様子。
お寺の境内は20万坪ほどかな。野火止塚(野火の見張りや野火を食い止めるための塚)や業平塚(藤原業平が駒を止めたと言い伝えられる塚)なども散在し、この上ない上質の散歩コースでした。

お昼はあのたけ山の鍋焼きうどんをいただきました。30分ほど待ったかな・・・。出汁が少し濃いめのようにも思いましたが、相変わらずおいしかった。来年度のたけ山カレンダーも頂戴してきましたが、別に平林寺の写真というわけではなく、各地の自然というか、雑木林を写したもの。

Tue, 12 Oct 2010

高山・五箇山・白川郷・乗鞍

連休の9日(土)・10日(日)、高山祭、五箇山、白川村、乗鞍の一泊二日の旅行に行ってきた。ツアーバスによる急ぎ旅です。
このツアーは、食事がセットされておらず、距離もロングなので、食事は金沢マンテンホテルの朝食のみで、他はすべて自弁のツアー。一日目の朝飯は、コンビニサンドイッチと飲物。昼飯は、バスに積み込まれた幕の内弁当。夕飯は、高山祭で各自調達。でも、高山はどしゃ降り一歩手前の雨で、屋台の巡航も中止でした。「夕飯は、飛騨牛にしょうね!」と家内と話していましたが、徒歩3・4分離れた飲食店街に移動するのも面倒になり、手近で見かけた蕎麦屋で天ぷらそばと蕪のおしんこで、済ませました。
2日、朝はホテルの質素な和食。昼食は、バスの中で生涯最大のまずさの弁当。美味しいものが一つもない。ここまで不味いものを作る弁当屋の技術に感心。お蔭で、ダイエットが進んだ。夜もバスの中でおおぎやの釜めし。おおぎやの釜めし、今年は4回目かな・・・。これは、いつものように美味しかった。

一日目の高山祭はかなりの雨で、屋台の巡航が中止になっていました。「屋台会館」で屋台を見物し、隣の「しし舞会館」で人形からくりの実演を見学。カラクリ人形はなかなかのもので、さすが飛騨の匠が作るカラクリ。旅程は、夜の8時30分まで高山でしたが、それを繰り上げ、「おまつりの森」で、新作の屋台や日本一の大太鼓をカラクリ人形が打つ演技などを見ました。おまつりの森は、かなりの施設でしたから、行けてよかったです。
というわけで、一日目の雨は残念、高山祭なんてそう滅多なことで見られないのに。

二日目日曜の五箇山と白川村は晴れていました。五箇山の相倉は見晴らし台まで5分でしたから、こから写真しました。とても絵になる光景が拡がり、日本昔話さながらの世界でした。しかし、団体旅行の悲しさ、40分では日本の原風景に浸る余裕もなくバスへ。
白川村は規模が大きく、さすがの賑わいでした。最初は、野外博物館に入場し、最古の合掌造り建物などを見学し、どぶろくアイスを食べました。であい橋を渡り白川村の中心へ。建物の規模も大きく重量感があります。なにせ、60分です。駆け足どころか、ぐるりと回っておしまい。一日居たかった。
乗鞍は、霧が少しかかっていました。気温3度~4度。皆さん、長袖のジャンパーなどを着ていましたが、私は夏ものの半そで一枚で歩き回っていました。さすがに40分の最後の方は、すこし涼しくなりました。畳平駐車所付近は、もちろん這松しかありませんが、少し下ったあたりでは、紅葉が始まっていました。あと10日もすれば盛りになるのでしょう。

私は、高山ラーメン板蔵の試食をしてきました。ここでは、どうしたことか所縁があるということで、「西部警察」のグッズがたくさん売られていました。裕チャンや渡さんのポスターも貼ってあった。ラーメンはしょうゆ味ですが、試食のは量が少なくて、美味しいかどうかよくわかりませんでした。

五箇山(ごかやま)相倉地区
白川郷
白川郷
乗鞍

Thu, 22 Jul 2010

遮光ネット

今年の暑さは大変なものがある。昨年は、コンクリ敷きの駐車場2台分の内の一台分に鉢を置き、一台分は空かせていた。夏にはその空間の一台分に遮光ネットを高さ50センチに張って暑さを和らげていた。
今年は2台分全てに鉢を置いたので、ネットを全面に張ることにした。

4メートル・2メートルのネットを2枚張っているが、真ん中が空いている。手前には小さな2枚を張った。

3メートルのポール4本を、それぞれの角に立て、220㎝の高に針金を回した。針金に遮光率60%の遮光ネット張った。真ん中は弛んできて、あたまに少し当たるが、歩いたりバラの手入れに支障のない範囲である。物の本によると、バラには必ずしも遮光ネットは必要ないらしいが、なにせコンクリの上に鉢の環境なので、ネットを張った。なお、地植えの部分にはネットは張っていない。

横から撮った所。

さらに、全ての鉢には受け皿を置いて腰水(足湯ともいうらしい)にした。例年だと翌日まで、水が残ることも多いが、今年はほとんどが水が残っておらず、カラカラであった。それでも、鉢の土はまだ湿りが残っているような状態で、なかなか良い具合である。

こちらは、駐車場の上のミニバラ盆栽に、4メートル・2メートルのネットを張った。

Mon, 17 May 2010

銀座ローズガーデン

先日お知らせしましたローズガーデンが下記の「銀座で働く女性のための最新、銀座エリア情報サイト 銀座OnLine」で紹介されていますので、ご覧下さい。

http://ginza.aonline.jp/c13_kiji3_p1/20100515post-232.html

第一回目に銀座通りで一躍注目を浴びたホットココア、スタンダードのマーゴコスターも出番を待っています。

写真は、会場でみな様を迎える、ディスタント・ドラムス。下のハイブリッドティーは、とても変わった色合いだと思います。お分かりにならない方は、会場にお越しいただけると分かります!

Fri, 16 Apr 2010

春の山野草

4月になりましたので、庭の彼方此方に春の野草が生えてきました。
ヒトリシズカ、シュンランは掲示板で紹介しました。

ムサシアブミ(武蔵鐙)
芋科のテンナンショウ属。花が鐙の様な形をしているので、この名が付けられています。よく増えるので、少しずつ捨てています。

ヤブレガサとアオマムシグサ
横にあるのがヤブレガサ(キク科)です。地面から顔を出した時に、破れた傘を広げる様に見えることから、この名が付けられています。
真ん中は、芋科のテンナンショウ属(天南星)のマムシグサ。普通のものは茎が茶色いが、これは緑になっている。仏炎苞(花)がマムシの様に鎌首をもたげるので、この名前が付けられている。
地植えにすると、1メートルほどと巨大になり、本当に蛇の鎌首で気持ちが悪い。

ウラシマソウ(花の先が釣り糸の様に伸びて垂れている)もあるが、鉢に入れものは、小なものが沢山出て、今年は花が付きそうにもない。地植えというか一人生のものは花の向きが悪く、良い写真が撮れそうにない。
ユキモチソウは、ナメクジに食べられて枯れた。

バイカイカリソウです。普通のイカリソウに比べると繊細で花も小指の爪ほどの小型なものです。花の構造も普通のものと異なり、距がないのが特徴になっています。イカリソウにある突起がなく、錨に似ていません。普通の小花に見えます。

この他、フタリシズカなども花を付けています。
Mon, 12 Apr 2010

薔薇が咲いた2

「ポンポン ド パリ」が咲きました。ミニのつるバラですが、高さが4メートル、横は3メートルほどになると思います。
西向きに植えていますから、環境は最適とは云えません。仕立ては、高さ3メートル横2メートルほどにしています。早咲きの一季です。最盛期には一面に花が付きます。

下の二つは、高尾台です。今までも何回か登場していますが、今年の1月6日の穂接ぎものです。暖かくなってきたからでしょうか、少し花が綺麗になってきました。

全景です。3~4年経過した台木に植えていますから、根張りが良いです。
今年の冬に、盆栽鉢に植え、ミニバラ盆栽に仕立てます。

この他、コウシンバラも咲きましたが、写真を撮っていません。そのうち撮ってきます。
このバラは、年がら年中咲いています。1月も末近くまで咲かせていました。その時点で葉もぎをし、お休み(休眠)させましたが、早くも花を付けています。
Thu, 08 Apr 2010

咲いた咲いたチューリップの花が

我が家の前の道を真っ直ぐと東に12分ほど歩くと、チューリップ畑に出る。この畑は杉並のオランダ村として、昨年の朝日新聞にも出ていた(過去にも何度も出ていた)。今年は、NHKが来週放映するとのこと。7・8000本のチューリップが植えられているらしい。
並べて植えられている花色は、「赤 白 黄色」である。どの花を見ても綺麗だった。
この直ぐ南側には、バラが見事に誘引されているお宅がある。形を揃えたローズフェンスを南側のフェンスに立てかけて、統一感の取れたバラ庭になっている。道路に面した南側が広いので、とても心地よい風景になっている。建物も、バラを誘引するに相応しい金物が取り付けられ、アーチも点在して見事というしかない。建物の北側も道路なので、南北東と3方道路であり、東はもちろんのこと北側にもバラが誘引されている。ついでながら、西側のお宅もバラを植えている。

また、我が家からやはり東に6分程歩くと(チューリップ畑の手前)バラを植えてあるお宅が3ヶ所ほどある。
我が家の西方にある中学校のサクラも見事であるし、さらに西に10分ほど歩くと切り通し公園に出るが、ここの手前にはクリスマスローズが点在する植木畑がある。また、農業高校の花畑(バラや梅の木など)も散在している。
バラのお宅もチューリップのお宅も今年になって初めて、その場所が分かった。何を隠そうその場所は、miho-matsuさんに教えていただいたものである。こんなに近くに見事な畑や庭があるなんてねぇ。    

我が家のバラも含めた自宅前の通りを勝手ながら「スギナミ・フラワーライン」と命名した。


Tue, 16 Mar 2010

吉野梅郷

14日の日曜日に、青梅市の吉野梅郷にある「梅の公園」に行ってきた。7・8年前にも出かけたが、3月23日ぐらいだったので、もう梅の盛りは過ぎていた。その時、「思いのまま」という梅の盆栽を買ってきた。

日曜だったので、吉野街道は大変な渋滞だった。それでも、なんとか公園入り口近くの民間駐車場に車を入れることが出来た。駐車料金は一日800円ですが、年寄りを連れていたので400円にしてくれた。とてもラッキー。


公園の梅は、丁度満開でとても見応えがあった。
少し遅めの昼食は、「ことぶきそば」だつたが、混雑していて食べ終わるまで50分ほどかかった。
柔らかい感じの手打ちそば(多分)だった。

Tue, 28 Apr 2009

今日のバラ

キモッコウ

スパニッシュビューティー。
下の花2個は、アブラハム
ダービー。








シロモッコウ





Tue, 14 Apr 2009

春の息吹

ハナニラに埋もれて咲く、白花タンポポ。
白花タンポポを増やそうと綿帽子を指で取って、庭のあちこちに播くが生えてくることはない。これも植えていない場所から生えてきた。今年咲いたもう一つは、石の間から伸びてきた。

右は、春ラン。春ランは、直径50センチほどの茂みになっている。一番右端に写っているのはシャガであるが、これは増えて仕方がない。
Mon, 05 May 2008

ROSE GARDEN

ココロも豊かにキレイになれる
  ローズガーデンOPENします

5月23日(金)~5月27日(火)
平日12:00~19:00 土日11:00~17:00
ファンケル銀座スクエア
ロイヤルルーム 10F(普段は未開放の特別フロアです)
協力 : 武蔵野バラ会
鉢バラと切バラの展示が行われます。

会場は両サイドがガラス張りの屋上になります。屋根が無いので、室内の落ち着きと屋外の伸びやかさが味わえる空間になっています。みな様のお越しをお待ち申し上げております。

場所は銀座4丁目間近の松坂屋の並び。住所及び地図は下記をご覧下さい。
http://www.fancl.co.jp/fh/shopinfo/square_top.html
Fri, 21 Sep 2007

中山先生の政経パーティー

18日にホテルオークラで行われた、中山先生の政経パーティーに行ってきた。
政経講演会は、小池前防衛大臣の講演会でした。防衛大臣を55日で辞任したとのこと。途中でハマコーの乱入などもあり、楽しめました。ハマコーさんには、昨年の5月にお世話になっているので、ご挨拶したかったけど、つむじ風の様にやってきて、小池氏の悪口かラブコールか分からないけど、さっさと喋って出て行かれました。

去年の9月に総裁選が告示された後で中山先生のパーティーが有りましたが、この時の総裁候補は安倍さんでした。鴨下一郎氏の手助けを得て(現環境大臣ですが、私と娘を安倍さんの前に押し出してくれた)、せっかく娘と安倍さんのツーショット撮ったのに、カメラにメディアが入っていなくて・・・。

パーティーは、町村外務大臣、渡辺喜美内閣府特命担当大臣、舛添厚労大臣など多士済々で楽しかったです。飲み物も食べ物も沢山あって余っていた。
今年も、総裁選が告示された後のパーティーでした。福田さんの挨拶もあり、雰囲気がとても盛り上がりました。森元総理は中山君がパーティーを企画すると総裁選になるから、来年は慎むようにと挨拶をしていた。 ^_^;;
| 1 |