| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | Next»
Fri, 11 May 2012

咲きました

スパニッシュビューティー
かなり咲いて来ました。香りは良いです。ティー系の感じがする。


フレンチローズ(ギヨ―) ヴェルシーニ
シュラブ樹形のように思えるので、160cmほどに仕立てている。挿し木苗から育成した。
甘い感じがする。蜂蜜の様な香りでしょうか。蜂蜜ほど粘る香りではない。

ミニバラ ソアレ
寺西菊雄氏の大型のミニバラ。レンガ色9年ほど前に求めたもので、当時、この色は珍しかった。




クレマチス ビオラ(新枝咲き)
沢山咲いてなく、3個ほどの花を付けている。

Fri, 04 May 2012

キモッコウが咲いた

今年のキモッコウの満開は、昨日の5月3日ぐらいだったと思う。
例年より一週間は遅い。写真は、5月1日のもの。

しかし、水木金の雨で蕾は痛むし、通路にも黄色い花びらや蕾も落ちている。
少しがっかりです。
今年もベストの写真を撮ることができませんでした。





この写真は、東南側です。少し以前に撮影したものなので、花が少ないです。

Mon, 23 Apr 2012

バラの新苗


昨日 パティオローズの小川さんの所から新苗が届いた。
ハイブリッドティー 「みつえ」2本、「ホット神崎」、「ダークベルベット」。
パティオローズ   「ストロベリーマカロン」。
パティオローズの薔薇は先日、「ラムカン」を貰っている。
このほかハイブリッドティーでは、吉富紀夫さんの「カノープス」と「光華」という京阪園芸の薔薇を手に入れた。京阪の薔薇は初めてである。


カノープス。新苗とは思えない大きな木であった。植え替えのためにポツトから抜いた所。

ここまでは、一応、展覧会用のバラとして手に入れた。
特に、「みつえ」は、昨年秋の日本ばら会の展覧会で賞を総なめしたものである。さらに、「ホット神崎」は、小川さんが作出し石橋さんが見いだし、小久保さんが花開かせたバラです。ホット神崎の展覧会デビューはまさに衝撃的でした。
「ダークベルベット」は、その深いというか妖しげな花色に、こちらが魅了されたものです。前からいいとは思っていましたが、ついに手を出しました。
「ストロベリーマカロン」は、アレンジというか盛花に最適のとても魅力的な花です。これも人気絶頂!!

なお、自分のバラを接いだものは、ミニバラのスタンダードの「ピンクグリーンアイス」、イングリッシュローズの「レデイ・エマ・ハミルトン」である。
ミニバラ盆栽は用は「桜坂」「桜かがみ」2本。

全部で13本も増えた。減らさないと駄目です。

Mon, 16 Apr 2012

バラが咲いた

キモツコウがやっと咲きました。気付いたのが14日でしたが、その時の咲き具合から判断すると開花は、12日ぐらいかと思います。

14日土曜は冷たい雨が一日降り続き、翌15日は晴れた。冷たい雨にもかかわらず、バラは勢い良く成長したようです。ミニバラ盆栽のバラも苔も一段と色濃くなりました。自然の雨がバラにとって一番の肥料というか恵みです。あんなに冷たい雨でも、バラにっては、うれしいんだね。水道のシャワーってあまり好きでないのかも。

5回目 4月 16日 スミチオン(2000倍ですから薄め)・トリフミン。ミニバラには、トップドレッシングを混ぜた。



Fri, 09 Dec 2011

講習会

秋のスピリッツオブフリーダム。ER。シュラブ樹形

12月3日に、三越のチェルシーで、日本ばら会の講習会がありました。講師はあの有島薫(フレグランスさん)・大野耕生(ローズグロアー)・玉置一裕(New Roses編集)さんでした。雨でしたので、屋上で傘を差しながらの実演はたまらないと思いながら出かけました。会場はショップの中に準備されていましたが、参加者が少人数だからできたことでしょう。私は、一番前に座っていました。

お三人というか特に大野さんとは50㎝ほどしか離れていませんでした。バラ好きの大野さんファンが見たら、卒倒しそうな距離です。大野ローズグロアー(バラ育成者でしょうか)は、相変わらずの好男子。男が見てもほれぼれします。
有島さんは、鉢バラを育ての名人です。私はNHK出版の「趣味の園芸ページ」の会員になっていて(私の日記もありますが、こちらと重なるし放置状態)、ここの有島記事をよく読みますが、参考になります。
玉置さんの事は、人を介して聞いていたこととNew Rosesを2007年からすべて持っているので、よく知っていました。

講習会の後は、三人の先生とお茶までさせて頂き、私の横に玉置先生、斜め向かいに有島先生でした。本当に有意義な時間というか時間を忘れ、バラのあれこれを質問していました。

今年の冬作業、植え替えについては、有島先生のNHKや氏の日記を読んで、遅まきながらも11月23日から始めていました。昨年まではつるバラの誘引が一段落する12月下旬から行っていたものです。
鉢替えした新しく入れた土は棒で突き固めろと教わっているので、毎年肩こりが酷いです(9号以上のスリット鉢が割れるほど付き固め、ひび割れは針金で縛って・・・)。有島先生は、① 鉢替えの時期は11月開始、② 土は湿らせておく。③ 底の土を5・6センチ、雑草などが生えているので上の土は取る。特に肩の部分は少し削る。周りの土は1・2㎝削る。④ がんがん付き固める必要はない。鉢をとんとんして落ち着かせればよい。などの説明がありました。

土の付き固めが無くなると、肩こりが今年からは少し解消されそうです。

Tue, 01 Nov 2011

秋バラ

デルバールのフレンチローズ、「オマージュ ア バルバラ」

今年の秋バラのトップ期間は、10月15日(土)~24日(月)ごろまでだった。
本日、11月1日(火)現在、かなり観られる。
前にも書いたが、今年は黒星にやられた分、たくさんの花が咲いた。

明日は、日本ばら会新宿へ「ミニバラ」を2鉢と「房咲二枝」、「一輪花」の三種目を持参する予定。

イングリッシュローズの「バター カップ」



手児奈

Thu, 20 Oct 2011

秋バラ

アブラハムダービー

今年の秋バラ、夏から秋にかけて黒星病を大発生させてしまい。四苦八苦していますです。薬剤散布というか治療薬散布もあきらめました。こんなこともあり、本日現在も収まらなく、この秋に新しく展開した新葉にも黒星が出て、葉を落としています。

それでも、例年より花数も多く、色も綺麗に上がっています。家内も「今年の花は春と比べてもそん色ない、例年、秋はバラ見物客が少ないけど、これならいいよね!」と言ってますから、間違いないようです。
バラは強いというか、8月下旬以降、黒星で葉を落としたバラは、非常事態とみて、子孫を残すために大量にかつ美しい花を咲かせたのかもしれません。

アブラハムダービーとスタンダードのマーゴコスター


みさき  フレグランスオブフレグランシズかもしれませんが、多分、みさき。

Tue, 18 Oct 2011

神代植物公園開園50周年

ミニバラ盆栽展

今秋で開園50周年を迎える神代植物公園では、秋バラの開花時期に合わせて「秋のバラフェスタ」を開催しています。
 ライトアップ、バラ園コンサート、早朝開園、モーニングツアーが行われています。また、正門入り口を入って左側では、ミニバラ盆栽展が開催されています。私のミニバラ盆栽も15鉢ほど展示されています。
 花の色が美しくあがり、香のよい秋のバラを楽しみませんか。


ミニバラ盆栽展 10月12日(水)~23日(日)
神代のイベント・ページhttp://www.tokyo-park.or.jp/event_search/detail/e_search_dt001021.html
10月20日(木)は神代植物公園開園50周年を記念し、無料開園日となっております。

私の出展盆栽 13鉢出しました。

スタリナ (20×20ほどの小さいミニ盆栽です)
ピンクレディー  (30×40 ノイバラ台木そしてフロリバンダの枝にミニバラのピンクレディーが接いであります。三層構造となっている。)

Sat, 15 Oct 2011

今年の秋花の状況


アンブリッジローズと手前はロイヤルハイネス

・黒星に悩まされている割には花も多い。
・秋花の色がとても綺麗に上がりっているが、こんなことは過去にもなかったように思う。
・開花は想定通となり、10月12日~26日にピークとなるようだ。
・春に花の少なかった「みやこ」「あおい」が沢山咲いたし、特に「みやこ」は、色が冴えわたっている。
・春に全く花を付けなかったERのスピリッツオブフリーダムが咲いた。秋にも咲かなかったら捨てるつもりでいた。

ロイヤルハイネス

Tue, 02 Aug 2011

薬剤散布 11

7月31日に行った。7月の中旬以降涼しくなり、かつ曇りや雨模様の天気が続いた。24日と当たりで散布と思ったが、なんとなく面倒で伸ばしていたら土曜日に黒星を発見した。
黒星に弱いと評価しているフロリバンダのチャールストン、ミニバラは、ブラックジャックとドミノオブティマ。怪しいのも2・3本あるが、これらの葉をすべてもいだ。

チャルストン、昨年は黒星に罹らなかったが、今年はやられた。葉もぎで収まるといいけど。

散布 スミチオン、マネージ、展着剤。

写真は2番花。7月末にまでには咲かせきって残っている蕾はもいだ。というか、毎日10個~20個ほどの蕾をもいでいる。

Mon, 11 Jul 2011

7月のバラ

今年は、一番が10日以上遅かったので、2番の開花が7月になってしまった。最盛期は、7月の5日か6日ゴロだったと思う。写真は、9日撮影したものです。今年の空梅雨気味と6月中旬には暑さが来ましたので、花が小さいものが多いです。ザダークレディー、ジュビリーセレブレーションやマグレディスイエローなどは、大きいです。ウイリアムシェークスピア2000やハイブリッドティーは、小さいのでバラの性質にもよるのでしょう。もっとも鉢バラのウイリアムシェークスピア2000は、若干水切れさせましたので、そのせいかも知れません。
バラ置き場の様子



こちらは、アブラハムダービーの2番です。


早いものですでに半分以上が過ぎてしまいました。
今年の日本ばら会のカレンダーです。私の写真が入賞し表紙になったものです。スパニッシュビューティー。

Thu, 02 Jun 2011

イングリッシュローズ


シャリファアスマ
柔らかいピンクが、うっとりさせてくれる。











ザ・プリンス
とても香りがいい。直立して咲き、高さは120~150センチ程度。

Sun, 29 May 2011

ザダークレディー


後ろの白い花は「春の夢」です。咲き終わって花色が白く抜けていますが、ほとんど散らないで咲き続けています。若干の早咲きですから、はなもちがえらく良いようです。


ザ ダークレディーは、多花性で猛烈に蕾が上がりました。重げな花が一斉に咲く景観は見事なものです。この花、これからもかなりの勢いで咲き続け、放っておけば1月中も咲いていると思います。



最高のイングリッシュローズだと思います。ダークというけど、ザプリンスのように黒くはありません。赤から盛りを過ぎてくると、ピンクがかかった紫のように褪色していきます。

Sat, 28 May 2011

5月のバラ

ラブ(ハイブリッドティー)。

地植えですが少し小さめの花が山盛りに咲きます。裏白がとても美しく、長持ちする花です。


左が、ジュビレドプリンスドゥモナコ(フロリバンダ)。右がジュビリーセレブレーション(イングリッシュローズ)です。

二つとも鉢です。掲示板には咲き始め状態を載せましたが、こちらは少し咲き進みました。



シャリファアスマ(イングリッシュローズ)。

地植えですが、蕾が猛烈に上がりました。柔らかいピンクが、とても好ましいバラです。少し花持ちが悪いかもしれません。あまりに枝葉が多いので、昨日内側枝を2本ばかり間引きしました。根元に全く日が当たらず、このため、シュートの出が悪くなっているようです。

Tue, 10 May 2011

スパニッシュビューティー満開

スパニッシュビューティー

遅れていたつるバラの開花、スパニッシュビューティーが、昨日本日で満開です。
4年越しにカミキリの幼虫に根元が食われているので、花が例年の60%程しか咲いていないので、過年度に比べると花の密度薄いようです。しかし、花が少ない分一つ一つの花が大きくかつ色も濃く、それはそれでいいかもです。


まだこれからの「春の夢」。一重ですが、ミルクピンクの淡い色が可愛いバラです。ノイバラの交配種です。作出 みなみ。2007年






こちらは、「春の夢2号」で、八重です。
「春の夢3号」と「春の夢4号」は、これからです。名前を考えるのが面倒になったので、2・3・4としました。

ハイブリッドティーなども開花が遅れていますが、その割にはバラの蕾がたくさん上がり色も冴えているようなので、これからが楽しみです。こちらの盛りは来週の中ごろでしょうか。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | Next»


私の庭・バラ庭づくり