| 1 |
Fri, 26 Mar 2010

芽接ぎ

2月21日の「芽接ぎ」記事の続きで、「2009年10月23日に芽接ぎした『オレンジ・スプラッシュ』と同じく11月22日に行った『ホワイト・イヴ・ピアッチェ』です。これらは昨年、地植えか鉢植えのノイバラ芽接ぎしたものです。」となっていました。
本日の状態です。右の『オレンジ・スプラッシュ』は、成長が悪くまだこんな状態です。

『ホワイト・イブ・ピアッチェ』の方は、蕾が付いていましたが、本日朝もぎました。





こちらは、『ホワイト・イヴ・ピアッチェ』の蕾です。先日の日曜に撮影したものです。

成長の差は、台木の良し悪しもあると思います。双方の台木、昨年の春に一度失敗したものを、再度、秋に接いだものです。『オレンジ・スプラッシュ』の方は、台木が半分腐っているる様にも見えます。
Sun, 21 Feb 2010

秋の芽接ぎ

2009年10月23日に芽接ぎした「オレンジ・スプラッシュ」と同じく11月22日に行った「ホワイト・イヴ・ピアジェ」です。これらは昨年、地植えか鉢植えのノイバラ芽接ぎしたものです。
頭の黒いものは癒合剤。白い点々は石灰硫黄合剤です。

今年の1月に芽が付いていそうなので掘り起こして鉢に植えました。台木は地植・鉢植えですから他にもシュートが出ていましたが、それらをカットしました。芽が付いているものにペットボトルを被せて屋外に置いていましたので、なかなか芽が動きませんでしたが、芽が少し動いてきた段階で室内に取り見込ました。
秋に芽接ぎしたものは結果が分かるのが長くて・・・。



「ホワイト・イヴ・ピアジェ」は、検索を掛けてもほとんど出てきませんが、花形は「イヴ・ピアジェ」と同じで香りも良いです。本当に白くてフリフリの花でした。切り花以外には、出回っていないようです。

Mon, 08 Feb 2010

前回7日記事の訂正

「高尾台」が抜けていました。枝を2本接ぎましたが、その内の1本がダメになりました。

7日に行ったこれらをトータルすると、芽数での成功率(台木は9本、芽は12芽、失敗は2芽)は83.3%になった。

写真は「高尾台」で、30㎝伸びています。枝からのメインの芽は3本、脇からの芽は3本ほど出ています。
Sun, 07 Feb 2010

芽接ぎ・切り接ぎ

芽接ぎ切り接ぎを1月7日に行ったので、昨日で丁度一月経過したものの本日現在の姿である。

「あおい」。台木に2本の枝切り接ぎし、それぞれが2芽ずつ動いたので4枝が出ている。長さは20㎝~27㎝に達している。台木には根がある。

同じく芽接ぎしたもので、28㎝ほどに成長している。こちらも台木には根がある。






同じく芽接ぎしたもので、こちらは、10㎝ほどに成長している。この他に3本あるが、10㎝ほどのもの1、3㎝ほどのもの1、ほとんど動いていないもの1のとなっている。この計4本は根がないというか、芽接ぎした時点で、それと同時に挿し木したものである。根がないものはその成長に精力が取られるらしく、芽の伸びが悪い。

挿し木ものの1本は失敗した。成功6本(芽は7本成功)、失敗1本で、成功率83%程度の成績。
なお、失敗したものはその下に「みやこ」を接いだ。

「ななこばら」。文人模様にしようと(それにしては枝だ木が太く繊細さが無いけど)クロスした枝にそれぞれ芽を接いだ。2芽とも活いたので一枝落とせばいいけど、折角なので残している。左の長い方の枝先は早、蕾が見えている。

7日に行ったこれらをトータルすると、芽数での成功率(台木は8本、芽は10芽、失敗は1芽)は90%になった。


Fri, 29 Jan 2010

クラウンのカット

クラウンのカットを行った。クラウンのカットとは、芽接ぎした上の部分をカットして、芽接ぎ部分を頂芽にする作業である。これにより頂芽優勢となり、枝の伸張がより活発になる。
昨年までの屋外でのクラウンのカットは4月上旬に行っていたが、これだと芽が動き出して直ぐにカットすることになり、場合によってはこの後で芽が枯れる事もあった。クラウンをカットした後に芽が枯れると台木そのものも枯れてしまうが、早くに芽が黒ずんで芽接ぎなどに失敗したものでもクラウンさえカットしてなければ、台木は枯れないので引き続き台木として使える。

文人風 「ななこばら」 二本の枝にそれぞれ接いだが、左は成長がよいのでクラウンをカットした。右は、芽が動き出したばかりなので、もう少し様子を見る。右枝の上に出ている葉っぱは台木の芽であるが、この芽があまり活発に動いていると芽接ぎした芽が動きづらくなる。なので、本日の朝この芽はもいだ。

スタンダード 「あおい」 根から3本立ちしているものであるが、2枝は芽が動き葉っぱも展開しているのでクラウンというか頭をカットした。1本は、芽は枯れていないが動きが悪いので、クラウンはカットしていない。3本とも芽が出た段階で、2本は台木からカットして、それぞれ挿し木にして活着させる予定であるが、これは着くかどうか分からない。

スタンダード 「あおい」であるが、こちらは2本の枝を、枝接ぎしたもの。成長が早いが台木が細いのに2枝も接いでいるので、後々成長が悪くなるかも。





ミニバラ盆栽「高尾台」 これも2本の枝を枝接ぎしたが、1本は失敗し1本だけになった。
後ろというか右に写っているものは、ビニール袋の支えに枝を挿しておいたものであるが、葉っぱが動いてきた。これを鉢から上手く取り出すと台木に使えるが、どうしたものか。
Thu, 21 Jan 2010

芽接ぎ

写真は19日に撮影したものです。本日現在葉っぱがほとんど展開しています。
18日分が、少しピンぼけでしたので、翌日撮り直ししました。
葉っぱの大きさは、少し伸びた親指の爪を切った時の切りくずぐらいですが、かなり小さいです。ナナコバラは、とても小さなミニバラです。

こちらの写真の上、昨年か今年の秋に接いで失敗したものの痕です。一度失敗しても台木が枯れなければ何回でも挑戦できます。

Mon, 18 Jan 2010

芽接ぎ(経過)

芽接ぎをして10日ほど経った。例年なら屋外に置いていたので、10日ほどではなんの変かもなかったが、今年は始めてリビングに置いたので、とにかく調子が良い。
小川さんに「3週間で活着し葉も動く」と言われていました。温室というかフレームの場合は13度~23度ぐらいに設定するそうである。

我が家のリビングは比較的暖かく、朝の一番寒い時刻というか私が起き出す6時~7時前の間で15度~18度ぐらいである。冬中に寒い時で13度にまで下がる事が2・3回あるが、おおむね16・7度ぐらいを示している。
日中と夜はほとんど23度前後。
こんなこともあり、胡蝶蘭が毎年咲いている。


ミニバラを文人模様に仕立てようと、芽接ぎした「ナナコバラ(魚子薔薇)」であるが、もう芽が動き葉っぱが展開しかけている。
手動でピント合わせたら少しぼけています。

こちらは、切り接ぎした「あおい」のスタンダードである。これも芽が動いているが、切り接ぎの場合は枝の持っている力だけで芽が膨らむので、本当に付いたかどうかは、まだ分からない。
写真のものは根が付いているが、3本は挿し木したものに芽を接いでいるので、こちらは成功するかどうかまだ分からない。やはり芽は動いているが枝だから白い根が吹き出して根付かないと成功とは言えません。
こちらは、自動ピント

レンズは100ミリのマクロレンズ
Tue, 12 Jan 2010

芽接ぎ

芽接ぎは、9日に9鉢で15芽を接ぎました。穂接ぎもは2枝接いだりし、ミニバラ盆栽の文人模様のものは2本の枝にそれぞれ接ぎました。
スタンダードは3本シュートの3本ともが良い枝なので、それぞれの枝に一本ずつ接ぎましたが、3本とも接げたら2本はカットしてこれを挿し木にしたいと思います。
また、ノイバラを剪定した時に拾った枝を挿し木したものにも3本接ぎましたが、挿し木が失敗すると芽接ぎもダメになるのでどうなるでしょう。

なお、ノイバラの挿し木はこの時期に行うとほぼ100%の確率で成功します。

掘り出した、ノイバラの台木。赤い実が見えていますが、これを拾って種を蒔くとノイバラ台木になりますし、ノイバラの花になります。

リビングにおいた、穂接ぎ、芽接ぎもの。
| 1 |