Archives

You are currently viewing archive for October 2010
Wed, 20 Oct 2010

秋バラ

2010年の秋のバラが10日頃から咲き出した。17日はかなり見られるようになったが、最盛期は、24日ぐらいと思われる。

秋バラのための夏剪定、切り残しの枝や蕾が上がりそうなので意識して残したものもあるので、どうしても9月から少しづつ咲いてしまう。大型のHTなどは、さすがにきちんと夏剪定するので、どうしても遅れがちというか、花の山が24日以降になった。予定より少し遅めかもしれない。熱情やラディアントパフュームなど、咲いているものもある。

写真は、スタンダード仕立ての「みやこ」。
みやこは、8月の終わりにコガネムシの幼虫にほとんど90%以上の根を食われ、葉っぱも90%以上落ちてしまった。今年の花はあきらめたのは、勿論のこと、枯れないことだけが希望だった。
それが、見事一月半で復活。バラって強いんだ!!!

スタンダード全景
頭の部分
拡大
Tue, 12 Oct 2010

高山・五箇山・白川郷・乗鞍

連休の9日(土)・10日(日)、高山祭、五箇山、白川村、乗鞍の一泊二日の旅行に行ってきた。ツアーバスによる急ぎ旅です。
このツアーは、食事がセットされておらず、距離もロングなので、食事は金沢マンテンホテルの朝食のみで、他はすべて自弁のツアー。一日目の朝飯は、コンビニサンドイッチと飲物。昼飯は、バスに積み込まれた幕の内弁当。夕飯は、高山祭で各自調達。でも、高山はどしゃ降り一歩手前の雨で、屋台の巡航も中止でした。「夕飯は、飛騨牛にしょうね!」と家内と話していましたが、徒歩3・4分離れた飲食店街に移動するのも面倒になり、手近で見かけた蕎麦屋で天ぷらそばと蕪のおしんこで、済ませました。
2日、朝はホテルの質素な和食。昼食は、バスの中で生涯最大のまずさの弁当。美味しいものが一つもない。ここまで不味いものを作る弁当屋の技術に感心。お蔭で、ダイエットが進んだ。夜もバスの中でおおぎやの釜めし。おおぎやの釜めし、今年は4回目かな・・・。これは、いつものように美味しかった。

一日目の高山祭はかなりの雨で、屋台の巡航が中止になっていました。「屋台会館」で屋台を見物し、隣の「しし舞会館」で人形からくりの実演を見学。カラクリ人形はなかなかのもので、さすが飛騨の匠が作るカラクリ。旅程は、夜の8時30分まで高山でしたが、それを繰り上げ、「おまつりの森」で、新作の屋台や日本一の大太鼓をカラクリ人形が打つ演技などを見ました。おまつりの森は、かなりの施設でしたから、行けてよかったです。
というわけで、一日目の雨は残念、高山祭なんてそう滅多なことで見られないのに。

二日目日曜の五箇山と白川村は晴れていました。五箇山の相倉は見晴らし台まで5分でしたから、こから写真しました。とても絵になる光景が拡がり、日本昔話さながらの世界でした。しかし、団体旅行の悲しさ、40分では日本の原風景に浸る余裕もなくバスへ。
白川村は規模が大きく、さすがの賑わいでした。最初は、野外博物館に入場し、最古の合掌造り建物などを見学し、どぶろくアイスを食べました。であい橋を渡り白川村の中心へ。建物の規模も大きく重量感があります。なにせ、60分です。駆け足どころか、ぐるりと回っておしまい。一日居たかった。
乗鞍は、霧が少しかかっていました。気温3度~4度。皆さん、長袖のジャンパーなどを着ていましたが、私は夏ものの半そで一枚で歩き回っていました。さすがに40分の最後の方は、すこし涼しくなりました。畳平駐車所付近は、もちろん這松しかありませんが、少し下ったあたりでは、紅葉が始まっていました。あと10日もすれば盛りになるのでしょう。

私は、高山ラーメン板蔵の試食をしてきました。ここでは、どうしたことか所縁があるということで、「西部警察」のグッズがたくさん売られていました。裕チャンや渡さんのポスターも貼ってあった。ラーメンはしょうゆ味ですが、試食のは量が少なくて、美味しいかどうかよくわかりませんでした。

五箇山(ごかやま)相倉地区
白川郷
白川郷
乗鞍



私の庭・バラ庭づくり