Archives

You are currently viewing archive for April 2010
Wed, 28 Apr 2010

ローズガーデンOPEN

5月20日(木)~26日(水):平日12時~19時 土日11時~17時
ファンケル銀座スクエアー 10階
銀座4丁目にほど近いビル。屋上の特別フロアに「バラの空中庭園がオープン」します。この催しは今年で3回目。ファンケルと武蔵野バラ会のコラボレーションによる、夢空間が出現します!
本年はバラの開花が一週間から10日ほど遅れていることから、開催期間中は絢爛豪華なバラ世界が都心で心ゆくまで楽しめそう。

詳細については、次ページのパンフレットをご覧下さい。皆様のお越しをお待ち申し上げております。
なお、ファンケル銀座スクエアーのページによる広報開始は5月6日からです。ガーデニング雑誌「BISES」の5月15日発売号にもこの模様が掲載される予定。
http://rose.8ware.com/fancl/fancl.htm

私の鉢バラも多数出展予定です。第一回目には、「ホツトココア」、スタンダードの「マーゴコスター」が銀座通りを飾り、エレベーターホールには「宇部小町」がピンクの花を付けました。
今年は、アイスバーグのスタンダードその他を出展予定です。ご期待下さい。

Mon, 26 Apr 2010

薬剤散布4

スミチオン、ダコニール1000、ストロピーを散布した。
今までの3回は20リットルを散布していたが、今回から30リットルを散布した。葉っぱが大きく展開してきたので、薬剤の散布量が増えた。

キモツコウが咲いてきた。
ツツジの下で年越しをしたペチュニアが咲いた。やはり、年越しをしたサファニアが少し咲いてきた。両方とも宿根草なのか、今年は買わないで済んだ。

Thu, 22 Apr 2010

クレマチス

庭のクレマチス・テツセンの覚え書きです。

テッセン          旧 枝   フロリダ      地植え(ランブラーに絡まって)
踊り場          新 枝   テキセンシス   地植え(フェンスに誘引、フェンスの内側は、バラ)
ビオラ           新旧両枝  ジャックマーニー 鉢
エトワールバイオレット 新 枝    ビチセラ      〃
コメレイ          新 枝    ジャックマーニー 〃
プリンセスダイアナ   新 枝    テキセンシス   〃
今年発芽したものが20本ほどある。貰い物の種なので、品種が分かりません。花が咲いたら分かります。

プリンセスダイアナなどをあんどん仕立てにしようと、支えを置いたが、伸張してきた新枝を横に回そうとして折ってしまった。それから恐くてそのままにしていたら真っ直ぐに伸びてしまった。どんどん長くなって困っています。
Sun, 18 Apr 2010

バラが咲いた3、薬剤散布3


スパニッシュビューティー

が3個、咲きました。昨日か一昨日ぐらいから咲いたと思いますが、2階の壁面なので気づくのが遅れた。これから順次咲いていって、土日の24・25日ぐらいから、少し見られる様になると思う。例年より一週間遅れの様な気がします。


シロモッコウ
も咲きました。

薬剤散布
虫対応としてスミチオン。うどんこ対象のストロピーを散布した。ダニ剤は昨日の雪もあったことだし、入れなかった。

Fri, 16 Apr 2010

春の山野草

4月になりましたので、庭の彼方此方に春の野草が生えてきました。
ヒトリシズカ、シュンランは掲示板で紹介しました。

ムサシアブミ(武蔵鐙)
芋科のテンナンショウ属。花が鐙の様な形をしているので、この名が付けられています。よく増えるので、少しずつ捨てています。

ヤブレガサとアオマムシグサ
横にあるのがヤブレガサ(キク科)です。地面から顔を出した時に、破れた傘を広げる様に見えることから、この名が付けられています。
真ん中は、芋科のテンナンショウ属(天南星)のマムシグサ。普通のものは茎が茶色いが、これは緑になっている。仏炎苞(花)がマムシの様に鎌首をもたげるので、この名前が付けられている。
地植えにすると、1メートルほどと巨大になり、本当に蛇の鎌首で気持ちが悪い。

ウラシマソウ(花の先が釣り糸の様に伸びて垂れている)もあるが、鉢に入れものは、小なものが沢山出て、今年は花が付きそうにもない。地植えというか一人生のものは花の向きが悪く、良い写真が撮れそうにない。
ユキモチソウは、ナメクジに食べられて枯れた。

バイカイカリソウです。普通のイカリソウに比べると繊細で花も小指の爪ほどの小型なものです。花の構造も普通のものと異なり、距がないのが特徴になっています。イカリソウにある突起がなく、錨に似ていません。普通の小花に見えます。

この他、フタリシズカなども花を付けています。
Mon, 12 Apr 2010

薔薇が咲いた2

「ポンポン ド パリ」が咲きました。ミニのつるバラですが、高さが4メートル、横は3メートルほどになると思います。
西向きに植えていますから、環境は最適とは云えません。仕立ては、高さ3メートル横2メートルほどにしています。早咲きの一季です。最盛期には一面に花が付きます。

下の二つは、高尾台です。今までも何回か登場していますが、今年の1月6日の穂接ぎものです。暖かくなってきたからでしょうか、少し花が綺麗になってきました。

全景です。3~4年経過した台木に植えていますから、根張りが良いです。
今年の冬に、盆栽鉢に植え、ミニバラ盆栽に仕立てます。

この他、コウシンバラも咲きましたが、写真を撮っていません。そのうち撮ってきます。
このバラは、年がら年中咲いています。1月も末近くまで咲かせていました。その時点で葉もぎをし、お休み(休眠)させましたが、早くも花を付けています。
Thu, 08 Apr 2010

咲いた咲いたチューリップの花が

我が家の前の道を真っ直ぐと東に12分ほど歩くと、チューリップ畑に出る。この畑は杉並のオランダ村として、昨年の朝日新聞にも出ていた(過去にも何度も出ていた)。今年は、NHKが来週放映するとのこと。7・8000本のチューリップが植えられているらしい。
並べて植えられている花色は、「赤 白 黄色」である。どの花を見ても綺麗だった。
この直ぐ南側には、バラが見事に誘引されているお宅がある。形を揃えたローズフェンスを南側のフェンスに立てかけて、統一感の取れたバラ庭になっている。道路に面した南側が広いので、とても心地よい風景になっている。建物も、バラを誘引するに相応しい金物が取り付けられ、アーチも点在して見事というしかない。建物の北側も道路なので、南北東と3方道路であり、東はもちろんのこと北側にもバラが誘引されている。ついでながら、西側のお宅もバラを植えている。

また、我が家からやはり東に6分程歩くと(チューリップ畑の手前)バラを植えてあるお宅が3ヶ所ほどある。
我が家の西方にある中学校のサクラも見事であるし、さらに西に10分ほど歩くと切り通し公園に出るが、ここの手前にはクリスマスローズが点在する植木畑がある。また、農業高校の花畑(バラや梅の木など)も散在している。
バラのお宅もチューリップのお宅も今年になって初めて、その場所が分かった。何を隠そうその場所は、miho-matsuさんに教えていただいたものである。こんなに近くに見事な畑や庭があるなんてねぇ。    

我が家のバラも含めた自宅前の通りを勝手ながら「スギナミ・フラワーライン」と命名した。


Sat, 03 Apr 2010

薬剤散布2

本日、第2回目の薬剤散布、オルトラン、ダコニールを撒きました。
本当は、ニームオイルも入れようと思いましたが、かなり固くなっていました。温度が上がると少しは緩くなるのかかとも思いますが、今のままでは噴霧器が詰まりそうです。

噴霧器なんですが2年ほど前に生産中止になった日立製を買って使っていましたが、噴霧圧力がとにかく弱くなりましたので、このままでは効果が得られないので、買い直しをしました。日立は7・8年使っていましたが(4台目ですから、1台につき2年ほどしか持ちません)、この耐用年数を除くと不満は無かったです。補修部品も速やかに手に入りました。
パナソニックの17000円ほどのものです。メイドイン、チャイナです。日立製に比べると部品の省略がひどいです。その割には、お値段も高めなので!!?な感じです。

車で2・3分の少し離れた場所に噴霧器を運び、バラに薬剤をいざ撒こうとしたら、噴霧器の双頭の口の片方が無くなっていました。あたりを探しても見付かりません。自宅に戻って探しても落ちていません。諦めきれずに(まだ一度も使っていないんですよ)、外水栓の所でぼやっとしていたら、その横の流しと鉢の間に落ちていました。ぶつかった拍子に直ぐ落ちる構造の噴射口(吐出口を下向きにすると抜ける様になっていた。掃除を考慮した上と思うが、もう一工夫欲しい。パンフにも注意事項は明記されていない。)でした。
パナソニックは、もう少し使う者の身になって製品化すべきでしょう。
パナソニックの噴霧器


私の庭・バラ庭づくり