Archives

You are currently viewing archive for August 2009
Mon, 31 Aug 2009

夏剪定(薬剤散布、肥料投入)

 29日(土)の作業
 ・薬剤散布 マネージ500倍(今までは1000倍にしていたが、バラに対する最も濃い濃度にした)、オルトラン500倍を散布
 ・肥料投入 駐車場の上に置いているミニバラ盆栽に、「グリーンキング」を与えた。

  30日(日)の作業
 ・夏剪定 駐車場の上に置いているバラを含むミニバラ盆栽の夏剪定は29日(土)に行った。
・ハイブリドティー、フロリパンダの夏剪定を行った。80cm~100cm程度とかなり短くなって、すっきりした。内部に弱弱しく出ているフトコロ枝なども落とした。
 ・一季のつるバラについては、余分な枝(来年使わない枝など)を除去。四季咲性のものは、夏剪定に準じてカットした。

 夏剪定は、黒星などで葉を落としたバラに対しては始末に困るが、黒星が若干出ているとはいえ葉が沢山残っているのでチャールストンなど含め、普通に行った。

写真は夏剪定の直前の状態ですが、直後を写し忘れました。
もう一枚は、夏剪定でカットしたグリーンアイス

Fri, 28 Aug 2009

肥 料

8月26日、バラに肥料を投入しました。
有機固形肥料、花ごころの肥料、骨粉および化成肥料(遅効性がいいのだけど、そうした表示のものがなく)をブレンドして撒きました。

つるバラの整理もしました。つるカクテルは、二度サブロールを散布したが、黒星がひどく、冬になったら切り倒すことも検討しながら、同じ個所から2本~4本ほど枝が伸び出しているものを中心に、枝を間引きました。カクテルは、どう対処しても夏になると黒星が出ます。黒星常在バラになってしまいました。
チャールストンも同じです。極めて黒星に弱いという噂を聞きましたので、枝だけ残しそこにミニバラの枝を芽接ぎしようと思っています。大型ミニバラ盆栽になります。ノイバラの台木の上にチャールストンの枝、そこにミニバラとなります。成功するでしょうか。

いつも持ち歩いているもので、これに手鋸と針金があれば、全てのバラ作業(つる・木バラ、つるバラ)がこなせます。
鋏(紐切用)、切りバサミ(盆栽用)、ピンセット(盆栽用)、剪定バサミ、ラジオペンチ(針金用)、麻紐。

Mon, 24 Aug 2009

スイセイミュージカル 楽園

:23日 :12時30分開演 :光が丘IMAホール :「楽園」

光が丘は、我が家から行くのは行きやすいです。アンコールで辰巳琢郎さん(青年の父親で、指導者として収容所へ送られる)が、「少し不便な所へようこそ」と軽く口を滑らす微笑ましい雰囲気で、終わりました。

物語は、真珠湾攻撃の少し前の日系人の青年と原住民の娘の悲しい物語である。背景として、アメリカ軍の442部隊(日系のみで構成されたアメリカの軍。死傷率の高さで群を抜く)の存在とハワイの近代史を踏まえている。
主役は主人公の青年が吉田要士さん娘を中村香織さんが演じる。二人は森の妖精というか夜の虹を探す場面で出会う。美しいセットが幻想的な雰囲気を醸し出し、お二人の森の歌が優しく響くと、もうたまりません、私はその舞台というか日の場に入り込んだように思いました。
吉田さんの妹役の吉村美喜子さんの生き生きした演技が輝いていましたし、田代久雄さんと福島桂子は相変わらず達者でした。丹宗立峰さんと星野真衣さんのお二人の憎々しげな演技が印象に残った。

舞台はスイセイらしいというか、それぞれの役柄とご本人のイメージがとても合致し安心し、心地のよいアットホームな雰囲気で進行しました。とはいえ、後半からは緊張感が盛り上がり、西田直木ワールドにいやがうえにも引き込まれる。脚本、演出、配役がうまくかみ合った舞台でした。

結末がなんともスゴイ。あれは、希望の啓示だったのでしょうか。吉田さんと中村さん ありがとう。
エンディングの吉田さんのブルーの衣装と中村さんのピンクの衣装がこの上なく似合った。お二人の生き生きとした才能を引き出していたように思います。

Fri, 21 Aug 2009

ミニバラ盆栽の水やり

盆栽の置き場所は、駐車場上のため受け皿を置いているが、この季節大部分の受け皿は、翌朝にはカラカラになっている。ホースをシャワーにしての毎日の水やりが欠かせないが、盆栽のコケがびっしりと生えているものは、特に水をはじくようである。なので、一度ざっと水をかけてから、再度水をかけ二度やりのようなことをしていた。

人から聞いた話ですが、先日の「趣味の園芸」で、山田香織さんが「盆栽は水をはじくので「返し水」をやるとよい」と言っていたと聞いた(表現は正確ではないかも・・・)。
私は経験的にそうしていたので、そうした言葉あるんだと感心した。私の持っている「彩花盆栽」・「小品盆栽」などにの索引には、そうした言葉は載ってはいなかった。
また、夏季はには、スノコを置いた方が良いと言っていたようですが、それもしている。

ホームセンターがお盆20%引きセールをやっていたので、盆栽の棚を一台追加購入した。南向きに並べて置いた。

Tue, 18 Aug 2009

薬剤散布

15日に3週間ぶりに行った。2週に一度が望ましいが、前週末は雨模様というか水滴で葉も濡れていたし薬害も出ていたので、散布を伸ばした。

前回は薬害を出して懲りているので、オーソサイド1000倍とオルトラン500倍を撒いた。
少し前から、カクテル(つる)と綾(切りバラ)とその周辺に置いてあるバラに黒星が出たので、その部分にサブロールを撒いた。18日現在、チャールストンとマグレディスイエローに黒星が出たので、病葉をもいだ。今晩か明日の朝にこの部分にサブロールを散布する予定。

写真はチャールストン
Mon, 17 Aug 2009

ゴマダラカミキリの被害

カミキリに昨年、酷くやられたパットオースチンは8月に入って暑くなった時に枯れた。今年の5月には全盛時は及びもつかない姿ではあったが、花をぽつぽつと付けたので、今年一年養生すれば樹勢は回復するかもと思ったが、そうはならなかった。こんなこともあろうかと昨年の11月に大苗を注文して10号鉢に入れておいた。それを今回、枯れた木の代わりに植えた。

写真は、14日金曜に地植えにしたものであるが、写真は本日の状態である。左の花びらが欠けているが、これは、コガネムシかカナブンが食い荒らしたものである。カナブンは、捕まえて地面かに叩きつけた。


先週の13日木曜にスパニッシュピュティーに木屑を見つけた。昨年持ち越しのカミキリと思われる。翌日に、木の皮をめくって穴を2か所ばかり探して、針金でつついてからゴギジェットを噴射した。ゴギジェットを噴射すると気が枯れる確率が高いけどやむを得ない。このスパニッシュピュティーは、昨年手ひどくカミキリにやられ、枝をすでに1/4ほど失っている。さらに枝を1/4失うと半分になるし、枯れるかもしれない。今日は水をたっぷりとかけた。
Wed, 05 Aug 2009

薬害2

薬害を出してから10日ほど経過しましたので、被害状況が分かってきました。
ミニバラ盆栽 かなりのダメージを受け、葉を70%程度失ったものや半分落ちたものが多い。また、この部分に置いてあるハイブリッドティーの新苗などにもわずかではあるが、葉っぱに黒くなっている部分がある。土の量が少ないことと、薬剤散布の直前に水をかけたが、もっと以前に水を与える必要があったのだろう。
地植えと鉢バラ(受け皿付き)、主としてハイブリッドティーとフロリパンダ ほとんど被害は見受けられない。腰水にしているし根が深く入っていることから薬害が起こりずらいのかも。
つるバラ スパニッシュビューティーやアンクルウオルターに出たが、前者はカミキリ、後者は日当たり悪しで、いずれも少し弱り目の木に薬害発生。

以上、過去に散布した経験から判断すると、ニームオイルの250倍と展着剤(ネオエステリン)と強烈な太陽の相乗効果が原因と思われる。

レッドピエールド・ロンサール



私の庭・バラ庭づくり