Archives

You are currently viewing archive for June 2009
Mon, 29 Jun 2009

ランブラーの剪定

 サンダース・ホワイト 6月7日ごろにサンダースホワイトの今年咲いた枝を全てカットした。ランブラーは、前年の枝を全て落としても、6月から11月にかけて横10メートル、縦3メートルを覆い尽くすと思われるので、全ての枝をカットしないと大変なことになります。カットが遅れると、今までの枝と今年というか5月ごろから伸び出した今年の新枝との区別がほとんど付かなくなり、作業がお手上げになります。




 ホタルブクロ これは、オリズルランのような観葉植物の鉢に自然に同居しているものです。置き場所は、ポリ屋根の下のベランダに置いていますから、霜などが直接当たることはありません。
 オリズルランは、冬の間に地上部は枯れますが、春になると葉っぱが伸びてきます。しかし、この冬は地上部があまり枯れませんでした。着実に温暖化は、進行している模様。

Sun, 28 Jun 2009

バラ

 白ハマナス オールドローズというか日本の原種。
北海道に行った時に、道路の植栽に植わっていた白のハマナスから種を取って植えたもの。 
          

 スカーレットオベーション 2000年 オランダ
 大きめのミニバラで、オベーションシリーズ。コーヒーオベーション、ホワイトピーチオベーションを持っている。

Tue, 23 Jun 2009

薬剤散布

 20日土曜は、朝の6時に起き8時30分まで薬剤散布をした。薬剤散布の翌日の雨は嫌だけど、雨が降るからといって撒かないと、なおダメになります。雨の前に撒くぐらいがいいようです。日曜はかなりの豪雨になりましたし、月曜も降りました。

 殺虫剤 スミチオン2000倍。前回はこれを1000倍で撒きましたが、ミニバラの一部に薬害が出ているようなのでギリギリの濃度2000倍にしました。殺菌剤 ストロピー1000倍です。薬害はこちらの可能性もありますが、殺虫剤、殺菌剤それとも相乗効果か良く分からないので1000倍にした。

 写真は須磨 1974年 日本 小野寺透。今年の2月に芽接ぎしたウイピーングスタンダードです。順調に枝が伸びています。地植えになっているものに接いだのでそのままになつています。冬になったら掘り起こして、ウィーピングに仕立てます。

Mon, 22 Jun 2009

ミニバラ盆栽

今年の2月14日に芽接ぎした、ミニバラ盆栽の候補生です。レッド・ミニモ、みさき、ペルラ・デ・アルカナダ、グリーンアイス、ミニ・パールの芽接ぎしたものの全てが付きました。
グリーンアイスは、捨てる根というか切り捨てた根を拾って接いだものです。
みさきは、雪姫と言われて接ぎましたが、ピンクになってきて・・・。芽を頂いた方の青山のご自宅にまで押しかけ、確認しました。みさきは、挿し木ものの苗を240円で買って持っていましたが、元々は盆栽品種系なのかよくわかりません。

 レッドミニモ 1986年 オランダ 小さなミニです。営利用品種として一時代を築いたとのこと。
 白のホワイトミニモもありますが、こちらは挿し木苗なので小さく、まだ写真していません。






 グリーンアイス 1971年 アメリカ 横張が大きくなるミニバラです。多花性です。

 みさき 小指の爪より小さいような花を付けるミニバラです。高さは20cmほどだと思います。

Fri, 19 Jun 2009

バラ盆栽

 のいばらの盆栽 一月ほど前に購入したものです。古さが出ているところが気に入っています。樹高:約23cm 横幅:約25cm 鉢径:約16cmほどです。多分一季だと思われます。幹は4.5cmほどもあり太いです。

 紅牡丹 小さな花が咲くミニバラです。ミニバラ盆栽で、四季咲きです。ノイバラの色変りというか変種のような気もします。バラ盆栽として流通している品種です。
この春は、花弁が開ききりませんでした。

Wed, 17 Jun 2009

つるバラ

 サンダースホワイトのアーチ。門扉の頭の上にある、サンダースホワイトの枝をアーチにひっぱり、さらに下に垂らしています。驚くべき枝の伸長ぶりです。外からはそうとした姿をうかがうことはできませんが・・・。


 ジョンウオーターラー。同名ハイブリッドの枝変わりのつるバラです。最初に買った釣るバラです。写真に収めるのが遅なって、少し散りかけていますが、本日現在は、別の枝でたくさん咲いています。

Mon, 15 Jun 2009

ミニバラ盆栽

 五色バラ。斑入りテリハノイバラで、バラの盆栽として売られているもの。鉢の大きさは手のひらに乗るほどのもの。仕立てはミニ・スタンダード風。つるが2本伸びている。
 花の最盛期に写真撮れなくて、花が少ないですね。






 ベビーキャロル。5年ほど前に頂いたものですが、一重の花がびっしりと付き、かなり見事な出来上がりになります。高さは20センチほどです。気に入ってます。







 ホワイトピーチオベーション。昨年は、白にほんのりピンクが載る、雰囲気の良い花が咲きました。今年は赤がきつくなって、あまり可愛くないような・・・。花持ちが良いので、長く楽しめます。一鉢に3株入れていますが、雰囲気に合わないので、今年の冬は、一株ずつ独立させたようと思います。


Sat, 13 Jun 2009

6月上旬のバラ

 サンダースホワイト。本日現在は、花の咲いた枝は全て除去してあります。





 ノイバラとコウシンバラの交配種(名前を考え中)。
 このバラは移植したため、5月20日過ぎまで、芽が出なかったものであるが、本日現在、葉っぱが盛大に出ている。しかし芽の展開が遅れたので、花というか蕾が付いていない。

 左のピンクは「イブ・ビアッジェ」、右の赤は「ルージュ・ピエール・ド・ロンサール」。

Thu, 11 Jun 2009

サンダースホワイト

 ランブラーローズです。白い小花が星のようにたくさん付きます。清潔そうな香もあります。
 左右7・8メートルは伸びる感じですが、横16メートル・高さ3メートル四方、あるいはもっと覆い尽くす感じですね。



 これは駐車場の上から見たところです。


 僅かに見えるピンクは、つるバラのウェスターランド。

Tue, 09 Jun 2009

ミニバラ盆栽


 シンデレラ 1953年 オランダ。34年もののミニバラ盆栽です。高さ50cmほどです。写真がうまく撮れていません。










 オーバーナイトセンセーション 1990年 アメリカ。大きなミニで、花も大きく香が良い。宇宙に行ったバラ。


 リトルアーチスト 1982年 ニュージーランド。花がたくさん付きます。

Mon, 08 Jun 2009

薬剤散布

 薬剤散布は先週の日曜にも行ったが、その翌日から連続して大量の雨が降ったこと。アブラムシも多いし、黒星が出ても困るので昨日、6月7日に薬剤散布を行った。
殺虫剤 スミチオン。殺菌剤 ストロピー(前回、これを殺虫剤と書きましたが殺菌剤の間違い)で、これは葉っぱが汚れません。

淡雪です。今は花は一段落していますが、昨日の薬剤散布でゴマダラカミキリの成虫2匹を、ここで捕獲しました。散布しなければ見逃すところでした。噴霧器かけていると、黒いものがうごめきましたので、それで気づきました。

Thu, 04 Jun 2009

ミニバラ盆栽

 レッドマリ 1991年 小川宏 大型のミニバラです。2008年1月に芽接ぎしたものですが、早くも盆栽の風格が出ています。








 ベビーマスケラード 1955年 ドイツ 初めは黄色、次に赤になります。
 植えてある鉢は、ご飯茶わんというか味噌汁椀に似たものです。陶器の底に穴をあけて作りました。


 十六夜バラ 日本の原種 バラ盆栽です。鉢はちょうど手のひらに乗るぐらいのものに植わっています。

Tue, 02 Jun 2009

本日のミニバラ盆栽

今回は、地味系色になりました。

 グリーンアイス 1971年 アメリカ 横に広がります。花は、白とか薄緑そしてピンクと変化します。日当たりが少々悪いところで育てると、緑色になります。一年中花が咲いているお気に入りのミニバラです。写真は、ミニバラ盆栽ですが、スタンダードにも向きます。






 シンデレラ(1953年 オランダ)と品種不明の寄せ植え。いずれも挿し木苗ですが、鉢は手のひら大の平皿です。
こうした皿で育てるのは少し難しいような気がします。水不足を嫌って、受け皿に入れていますが、少し化し加湿気味かもしれません。



 バラ盆栽「四季咲きノイバラ」鉢は手のひらに乗る小さなものです。これでも、昨年よりは一回り大きな鉢にしました。派手さはないが、落ち着いた美しさ。



私の庭・バラ庭づくり