Archives

You are currently viewing archive for May 2009
Sun, 31 May 2009

薬剤散布

 5月16日 オルトラン、トリフミン(うどこ)を散布した。翌日は、雨だった。昨年は、雨が近いと幕のを控えたが、これが良くなかった。本などでは、むしろ雨前の散布を奨励しているほどである。

写真は、ガレージの上




 5月30日 オルトラン、トリフミン(うどんこ)、オーソサイド(黒星)を散布した。トリフミンとオーソサイド混合可か、よく分からなかったが、とにかく撒いた。ダコニールにすれば良かった(夏は、薬害が出るので撒けない)かもだが、葉っぱの汚れを気にして、何となく撒かなかった。
 午後から、強烈な雨が降ってきた・・・。何となく、薬が流れるというか・・・。
 アブラムシは、規定量のオルトランでは、死なないような気がする。マラソンとオルトランは、規定回数以内の散布が終わった。以降使える殺虫剤は、スミチオン、ストロピー。

写真は、駐車場から
Fri, 29 May 2009

カミキリ対策2

 4月30日のところで、ゴマダラカミキリの幼虫対策として、バラの根元にビニール紐を巻いたことを書きました。
 本日はスペシヤル情報を掲載します。

 その後、バラの専門家に銅製のネットを根元に巻くといいと聞きましたが、聞き流していました。しかし、先週ホームセンターで銅網を探したところ、売っていました。鉢底網でした。説明には「銅イオンが発生することで虫への忌避効果がある」、というようなことが書かれていました。
 一袋、2枚入りで780円ほどだったと思います。一枚を縦に半分に切って使っていますので、一袋で4本対応できました。切れっぱしをスパニッシュビューティーの上に載せたりもしています。

 こんなことで、ゴマダラカミキリ対策としては、
 ・根元にビニール紐を巻いてあるもの
 ・根元に銅網を巻いているもの
 ・ビニール紐と銅網の10センチ程度のものを乗せてあるもの
 ・未対策のもの
 以上の4書類があります。今年一年、効果測定をしてみます。

写真は、ウェスターランドの根元。このつるバラは一昨年、カミキリの幼虫に食われ、枝の3/4を失いました。
Thu, 28 May 2009

ミニバラ盆栽

 駐車場の上に置いているミニバラ盆栽です。写真右手と奥に置いています、真ん中部分というか写真右半分の台の上はミニバラ盆栽です。左側の直置きしているものは、オレンジメイアンディナなどのミニバラ、今年芽接ぎした新苗などを置いています。
 斜め上からの写真にすると少しごちゃに見えますが、通路を一周分確保してますので日当たりと通風は悪くないです。






 パッシーノ 

 マリリン 作出は、あのスパニッシュビューティーを生み出したスペインのペロド・ドット 1955年。


 トムサム とても小さな花が咲きます。多くのミニバラの親になった初期の品種。オランダ 1936年

 
Wed, 27 May 2009

ミニバラ盆栽

 オーバーザレインボウ 大きめのミニバラ。アメリカ Moore,R.S. 1972年作








 咲耶姫 八女津姫の枝変わり。写真はすこし早い時期でしたが、花が満開のの時には葉っぱが見えなくなります。日本 成田 1996年


 テディベア 最初は茶色に咲くが、咲き進むとピンクになってくる。仏・メイアン・1989年作
Mon, 25 May 2009

ミニバラ盆栽

 コーヒーオペーション ここにあるものは、ミニバラ盆栽と称していますが、普通の鉢や駄温鉢に入れてあるものです。盆栽鉢が無くなってしまって、買い求めるのも高いので、普通のものに苔を乗せただけのものです。
 今年の12月の植えかえでは、それぞれ鉢を宛がう積りです。
 苔を乗せるだけでも、なんとなくそれらしく見えます。







 ジュエリーキュピット
 花が赤と白のストライプになっています。スターザン・ストライプもありますが、こちらは、写真を撮らなかったような・・・。

 マザーズディー、 色変りが多いです。この系統は白・赤・ピンク・濃いオレンジなどを持っています。

Sun, 24 May 2009

 八女津姫


 シンデレラ


 スノードロップス


Sat, 23 May 2009

ミニバラ盆栽

 白八女津姫 下の雪姫とよく似ていて、少し咲き進むと見分けが付かないぐらいです。
 鉢は、直径10センチほどの小さなものです。


 雪姫 
Thu, 21 May 2009

イブ・ビアッジェ

 ブリリアントピンクアイスバーグです。横張性が強く、支柱と麻ひもで少しまとめました。








 イブビアッジェ 香のハイブリッドティーです。他の芳香するバラトと比較しても、きわめて強い部類に入ると思います。

 もう一枚。

 次回以降、ミニバラ盆栽を紹介していく予定です。ミニバラ盆栽は、今が満開状態です。

Wed, 20 May 2009

バロン・ジロード・ラン

 オールドローズです。昨年の国際バラとガーデイニングショーのイメージに採用されたバラ 






Mon, 18 May 2009

日曜風景

写真は、昨日のフォトクラブの皆さま。10人程度お見えでした。2時過ぎから強風吹き荒れ、安曇野(ウイーピングスタンダード)、ピンクスプレー(ウイーピングスタンダード)鉢が転げました。転げたのを直しているそばから転げます。
夕方になって、針金と重量ブロックを持ち出し、抜本的な対策をたてました。
しかし、本日の朝、未対策のノゾミがジュビレ・ド・プリンス・ドウ・モナコの上にもろに倒れかかっているのを発見。モナコの枝を半分失いました。




庭の駐車場部分です。2台分の駐車場を1台分潰して、鉢を置いています。本当はコンクリを剥がして地植えにすればいいのですが、どうも思い切りが悪くて・・・。
右側に車が写っていますがこの後ろに、鉢に入れてヘリテージ、ゴールデン・セレブレーション、安曇野(ウイーピングスタンダード)、ピンクスプレー(ウイーピングスタンダード)を置いています。
左側のレンガ積みの上に地植えで、多分13本ほどの木バラ。その他にクリスマスローズ、クレマチスなどを植えています。

写真は、ホットココア
Sun, 17 May 2009

今日のバラ

 イングリッシュローズ アンブリッジローズ。今年の最初に開花したものなので、花の形が少し悪いような気がします。








 フロリバンダ ミッドナイトブルー。思いの外、紫が濃く黒いバラでした。こうして写真にしてみると、普通というか巷間の写真で見る色と同じに見えますね。

 
 イングリッシュローズ シャリファアスマ。 手動で左下の花にピントを合わせたつもりですが、ピントが合ってません。残念!
Thu, 14 May 2009

今日のバラ

つるバラ カクテル。大きく育ち、一番花はもとより、二番花それ以降もたくさんの花をつけます。一年に咲く花の総量は、このバラの右に出るものがないように思います。
病気にも強いとは思いますが、近年黒星病にやられます。黒星で大部分の葉を落としながらも、新しい葉を展開させ、かつ、蕾を上げてきますので、強健なバラです。

ディスタント・ドラムス 色が、薄い赤、うす茶、白ぽくのように変化するフロリパンダです。
武蔵野バラ会の昨年の配布苗でした。ラベルも取れた貧弱な苗が余っていたものを、私がさらにもらい受けて育てましたが、今年は他のものとそん色なく育っています。

マグレディス イエロー ハイブリッドティーの古い品種です。栽培年代を経ると黄色が強く出るようになりましたが、新苗、2年苗のころの咲き始めは、ごく薄い黄色が上品に乗る、美しいバラでした。最近は、咲き始めから黄色が出てきますが、これはこれで魅力的なバラです。
村田バラ園八ヶ岳農場で新苗を求めました。
Wed, 13 May 2009

5月のバラ

 ザ・ダークレディー(イングリッシュ・ローズ)








 チャールストン(フロリパンダ)








 デンティ・ベス(ハイブリッドティー)


Tue, 12 May 2009

 夢 第2回目か3回目の国際パラとガーディニングショーで求めました。








 アブラハムダービー こちらは、佐久にある(軽井沢に移転します)英国ガーデンで求めた。


 庚申バラ
このバラは、昨年秋から1月中旬
まで咲いていて、春も早くから咲い
ています。一年中咲いている。
Mon, 11 May 2009

スイセイミュージカル 広い宇宙の中で

昨日はスイセイミュージカルの「広い宇宙の中で」を池袋の東京芸術劇場で観てきました。13時開演。
吉村さんの演ずる末っ子の「ひかる」の素直な演技が楽しく思えました。これが、あの中沼(「夢があるから」の朱里江様の秘書)とは思えない可愛らしさ。
旺なつきさんが長女の陽子に子供を産めと諭したり、「広い宇宙の中で」を歌い上げるシーンは、とても説得力がありました。今までこのテーマソングをぼんやりと聞いてきたこと、思い知らされました。「愛と夢を抱いて生きる」ってことがテーマになっていました。「愛と夢」は、スイセイのコンセプトのようです。

西田さんの脚本・演出は毎回工夫が凝らされており、その変化を確認(3回か4回目)するのが楽しみですが、今回は、一段とメリハリを効かせており、悪者役の旺なつきさんが、そのワルの素顔を見せつつ、家族愛との相克に悩むシーンが、お芝居後半の伏線になっていました。とてもよく納得しました。スイセイは、毎回、変化しますねえ。
さらに、吉田さん演ずる樹実生君が、中村さんの扮する霊の和子さんを天国に誘う天使だったという話のまとめは、心地よい。自然にひきこまれる割には、あっ! という気分かな。西田マジックにしてやられたぁー。このシーンの舞台構成も素晴らしく、お二人が、ゆっくりと天国へ昇る様が見えたように思います。

吉田さん中村さんは劇中では、お互いだけが相手を認識できるという立場なのでペアでしたが、心に迫る演技を楽しむことができました。
大紫の源さん 大きい割に色っぽく・・・。楽しかったです。

スイセイ公演情報
8月19日~23日には、1940年代のハワイを舞台にした「楽園」の公演が光が丘IMAホールで行われます。
http://suisei.m78.com/
Mon, 11 May 2009

芽接ぎ・接ぎ木

今年の普通ものの接ぎ木、左手前から。
グリーンアイス、雪姫、レッドミニモ
ジュビレ ド プリンス ドゥ モナコ、ペルラデアル カナダ、ミニパール
ミヤコ、ストロベリーアイス、バターカップ、合計9本。

ウィーピングを含むスタンダードは
アンブリッジローズ 3本、ノゾミ 2本、ミヤコ、花が咲くまで分からない 合計7本

花芽がなかなか動かなかったもの。伸張してきた芽が調子が悪く枯れるかと思っていたら、中心から新しい芽が出てきたものなどがあります。三列目のミヤコやバターカップのように花が咲きだしたものもあります。手前のグリーンアイスも花を付けています。アンブリッジローズはそれぞれが10個ほどの蕾を付けています。

今年1月下旬に穂接ぎした「みやこ」のスタンダード。なかなか芽が動きませんでしたが、連休の初めごろから動きだしました。
Thu, 07 May 2009

バロン ジロード ラン

一昨年の「国際バラとガーデイニングショー」でのシンボルローズした。
いたく気に入り昨年の新苗で買い求めましたので、昨年は花を見ることがありませんでした(一季咲きのためと新苗は春の花を我慢してました)。






今年は沢山の花を付けてくれました。
Tue, 05 May 2009

スパニッシュ・ビューティー

地味な書き込みの次は、少し派手ハデです。
今年のこのバラ、ピンクが濃いです。









今日で盛りが過ぎました。









昨年と今年もゴマダラカミキリの幼虫にかなり幹を食われた割には健気に咲きました。
Mon, 04 May 2009

ノイバラの変種

去年の5月20日に掲載した色変わりのノイバラですが、植え換えをした所、本日現在、発芽していません。枝がシワシワになっていませんからまだ望みはあるかも。淡いピンクが、とても印象深いバラなので残念に思っていました。
http://rose.8ware.com/blog/page/2
その植え換え25本ほど移植しました。ノイバラですから白のつもりでしたが、一週間ほど前から気付いていましたが、ピンクのものがあるようでした。
写真は本日です。八重ピンクのものと白が写っていますが、ピンクは白のものより二回りほど大きな花です。

本日開花しましたが、八重ピンクになったもの。
もう一種類、軽く二重な薄ピンクのものが出現しました。

去年は気付かなかったのですが、ノイバラって変種が出やすいのか、交雑なのか。3種類揃うと嬉しいけど。2種類でもまあいいか。
Sun, 03 May 2009

ライトアップ

夜玄関先に出たら、スパニッシュビューティーがら門灯や玄関灯に照らされ、美しく見えました。なので、照明器具を持ち出し花をライトアップしてみました。初めての試みでしたが、なかなか綺麗に思えました。

照明器具といっても、普段枕元においている60ワットほどの小さな白熱灯です。
カメラの設定を夜景モードにして、三脚に載せて撮りました。撮影時間は、午後の8時過ぎですから、外は暗闇です。
最初に、フラッシュが軽く発光し、その後短時間の開放になりました。


花も丁度真っ盛りでした。左上の白い花は、シロモツコウ。左下の方に沢山写っている蕾はアブラハムダービーです。
Fri, 01 May 2009

ミニバラ ソアレ

ミニバラ盆栽仕立てです。花の全体です。

4月29日に最初の一輪が咲きました。


私の庭・バラ庭づくり