Archives

You are currently viewing archive for December 2006
Tue, 26 Dec 2006

大奥

私のイブ、娘が仲間由紀恵さんの「大奥」に連れて行ってくれました。
この映画はフジテレビの大奥シリーズの完結編として劇場用に製作された映画です。私はバラ作業があるのでありがたいようなありがたくないような・・・。
家内は正直者なので「硫黄島からの手紙」を見たいと、ついポロリ。娘に「そんなら二人で行けば・・・」ってきつく言われてねえ。私なんか思っても口にしませんもの。「仲間の大奥見たかったんだ!!」、とかなんとか、心にあることを正直に言いました。 ^_^;;

で、映画は絵島生島事件を描いていました。仲間さんが絵島役です。
台本もよく練られていて面白かったですよ。絵島と生島は一夜の契りを結びますが、そうしたことを後悔させないというか、例え死罪や流罪になっても結ばれてよかったし結ばれるべきと思わせるものがありました。仲間さんはスッキリとした清潔感がありますね。命を懸けた純愛映画になっていたような。
女性は平気で女性を裏切るし、男性は平気で女性を裏切るものらしい。しかし、絵島は女主人の月光院をかばい通し流罪に、生島は絵島を思いつつ磔になります(史実は三宅島に遠島)。やはり磔が美学!

着物が豪華絢爛、私が見ても驚くほどの豪華な和服や道行姿に見とれました。「スゴイね!」って娘に言ったら、「和服だけで1億かけたそうだよ」、と言ってました。いいものは人を打ちますし、心を惹き付けます。
テレビでこの映画を見てもおそらく着物の凄さは出てこないかもです。
映画は劇場で見るのが良い! と言いつつも最近の映画はテレビ局が作るんだね。
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2006/06-167.html
Mon, 25 Dec 2006

冬作業5

23日土曜の作業開始は10時30分になってしまい作業時間は短かかった割りには、仕事は捗ったと思います。

まず、ゼッフリン・ドルーアンから取りかかりました。挿し木苗なのでさほど大きくありません。縦2メートル、横90㎝程度で何とか収まりました。来年伸びるシュートの逃がし場所も確保しました。

ノイバラは、巨大化してましたら今までの古枝をほとんど除去して今年のシュートだけにしました。思い切って枝をカットしたので作業は思いの外早くできました。誤算はいつもは、もっと早めに作業するする所、遅くなったので枝に付いていた実がほとんど落ちていまいた。お正月リースは作れません。来年はやはり、12月の初めに作業します。

カクテルを半分以上済ませました。かなりの進捗だと思います。カクテルは黒星にやられてシュートの出が今一でしたが、やはりほとんどの古枝をカットして、新しいものだけを誘引しています。

24日は、朝から映画に出かけたので作業時間が少なく、2時間30分程でした。サンダースホワイトの葉もぎをし、完了させました。このランブラーは全て新枝ばかりなので、つるの途中から突きだしている枝などを中心に間引いたりもしました。明日以降にきちんと誘引します。
Mon, 18 Dec 2006

冬作業4

16(土)・17(日)と、行った。
土曜日に、まず門の前に植えてあるロイヤルサンセットの葉もぎと誘引を行った。ここは、11月に少し枝をカットしてあったので、土曜一日で終わった。
日曜には、スパニッシュビューティーのアーチを取り替えした。枝がある所から古いものを引っ張り出して新しいのを入れたので少し手間暇が掛かった。アーチといっても980円のものなので、3年程度しか持たなかった。腐食して壊れていた。新しいものもまた同じものを買ってきたので、ふにゃふにゃしているが、グリーンポールで補強して枝を這わした。高さと幅がこの場所に丁度良いのでなかなか他の種類に替えられない。写真、アーチの右側と上に枝を置いているまた一階と二階の壁面に誘引している。

引き続いてアブラハムダービーの誘引を行った。このイングリッシュローズはつる的に扱えるが植えてある場所の都合でシュラブ的に扱っている。あまり長くならないように2メートル少々でカットしている。昨年は配置の仕方が悪くマイレイコが日陰になったので、今回は、アーチにの片方に誘引すると共に濡れ縁というか南側の窓を少し塞ぐように誘引した。家内に気付かれると文句を言われそうだが、言われなければそのままになる。

写真左からコーネリアの枝なども伸びてきているが、これはまだ仕立てが済んでいない。

腐食したアーチ。
Mon, 11 Dec 2006

ばらの冬作業3


土曜日は雨で出来なかったので、今回は日曜だけでした。朝の8時ごろから始めればいいのだけど、グタグタしていて、10時になってしまいます。第一朝飯が9時過ぎなんです。以前ならそんなこと構わずにどんどん作業しましたから、冬作業の4回目ともなるとモチベーションが下がり気味。
で、昨日は、
マダムアルフレッドキャリエールの誘引完了。
スパニッシュビューティーの誘引が1/3ほど終りました。

つるバラをほぐして下に降ろすと絶望的なほど枝数が多く困惑しますが、大胆にカットするなり、間違って残したい枝などもカットしてしまうので、結局収まります。

つるバラの枝は、3年間は使えると聞きますが、私は原則1年ですね。3年も残していたら、壁面が足りません。新枝さえ沢山カットしますかね。特に去年使った枝の途中から伸びている新枝はかなりカットされてしまいます。
写真はマダムアルフレッドキャリエールを下ろした所。
Sun, 03 Dec 2006

冬作業2日目

グラハムトーマスの葉もぎと誘引が完了した。グラハムトーマスは巨大化していたので、去年の枝と、その枝についている新枝もはほとんど除去した。

写真は、グラハムトーマス

スパニッシュビューテイーの葉もぎが終った。
淡雪の葉もぎが終った。
コーネリアの葉もぎが終った。

いずれも気が大きくなっているので、枝の量が多くて大変。古い枝は原則として残さないで新枝を主体にしている。つるバラの誘引も4回目になるとかなり大胆に枝をカットできるようになったと思う。というか、そうしないと壁面や植え場所に収まらない。決断も要らないぐらい。直ぐに切っている。

写真は、スパニッシュビューティー
Sat, 02 Dec 2006

つるバラの冬作業

本日からつるバラの冬作業に入った。
オールドローズのメイ・ゴールドは午前中に葉もぎと仕立てまで終え、作業を完了させた。このバラは秋口に少し手を入れていたので楽だったし、黒星の発生元なので葉も少なく、作業がはかどった。ただ、かなり返り咲きのような蕾が付いていたが全部もぎった。

引き続き、
マダムアルフレッドキャリエールの葉もぎを完了
つるアイスバーグの葉もぎは完了
スパニッシュビューティーの葉もぎを1/3行う。
キモツコウの葉もぎを一部行い、5時前には真っ暗になったので、本日の作業を終了した。

つるバラの誘引作業は、東京なら12月~2月末までに行うのがベストである。つるバラの誘引は、寒くなってから行わないと、枝がバキッと折れる。だから冬に行う。
なお、つるバラの種類によっては、秋口に仕立て可能なものもあるらしい。概して、ハイブリッドティーの枝代わり品種は、充分に寒くならないと少し曲げただけでも簡単に折れてしまう。


私の庭・バラ庭づくり