2004年1月のバラ庭

 正面

 左から、スパニッシュ・ビューティー、焔の波、マダム・アルフレッド・キャリエール

 

 玄関左

 焔の波 約4メートルの高さまで誘引しているが、枝の長さは5メートルほどある模様

 


 玄関右

 マダムアルフレッドキャリエール。このバラは、2003年12月までフェンス沿いで成長していたものを、ここに移植した。
 約4mほどに枝が伸びていたが、今年の5月はどのように咲くのか・・・。

 

 玄関右

 マダム・アルフレッド・キャリエール

 上 ブリッククリップを利用して横に張った針金を支え、かつ下に下ろしている。

 下 スッポンフックを使い、上からの針金を受けている。

 

 マダム・アルフレッド・キャリエールを東側から見たところ

 玄関灯の金具を利用して針金を引いている。斜めの部分は、ブリッククリップとスッポンフックで針金を引いている。

 

 左奥、丸いラティスから木製アーチに、つるアイスバーグ。

 真ん中につるセシルブルンネ。

 右にはゼッフリンドルーアン(ただし枝を折って根しかないが、枝を挿し木育成中)

 下には、ミニのつるばら、フロリバンダのサマースノーそしてプミラ

 鉢に入っているのは、小型スタンダードのグリーンアイス

 

 

 つるセシルブルンネの拡大

Home  2004バラ庭2へ